871de71d.jpg

 
 
 
静岡県立陰茎高校…
 
 
これはテニス部と聞き間違えて、
 
 
 
ペニス入ってしまった

僕の物語である!!




*:..。?*゜¨゜゜・*:..。?*゜¨゜゜・*:..。?*゜¨゜・
 
 
 
 
キーンコーンカーンコーン…
 
 
 
 
女先輩「今日はまずみんなで軽く右手の筋トレから。
その後1年生は基本の手コキ練習ね!」
 
 
全員&僕「ハイ(。・A・´∩!!!」
 
 
 
僕「はぁ…間違えて入ったのに、
    もう7月になってしまった…。」
 
 
 
 
僕「陰茎高校なんてふざけた名前の上に
    まさかテニス部がなくてペニス部なら
    あるなんて…。」
 
 
 
 
女先輩「僕くん、ぼやけてないでまずは夏の
       マスターベーションズカップに向けて特訓だよ!」
 
 
 
僕「は、はい!」
 
 
女先輩「まずは5つやってみようか、
       覚えてるかな?」
 
 
僕「は、はい!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女先輩「僕くん!きちんとできてるじゃないか
すご~い、新入生の中じゃダントツだよ!」
 
 
僕「そ、そうですか…テヘヘ…。
(女の先輩の前でおちんちんしごくなんて
恥ずかしいなぁ。)」
 
 
 
謎の男の声
「ふふふ…その1年生、もらった!



!!!



女先輩「だ、誰なの?!」
 
 
 
謎の男の声
「ペニス部諸君…、ごきげんよう!

オナニー主将せんずりマスだ!


オナ部主将マス夫
「僕くん、見せてもらったよ…。


君の手淫をね!




僕(男にも見られてたー!)



女先輩「あなたはオナ部の主将マス夫!ペニス部に何の用なの?!」


マス夫「まぁ、ヘッドハンティングさ…。


女先輩「まさか!他の部活の優秀な1年生を引き抜く…
亀頭狩りをしていたのは…!?」
 
 
マス夫「フッ、君は話がわかるようだね。
でも手荒なマネはわたし達はしないのさ…。

僕くん、手コキ勝負だ!


僕「え、嫌です!」

 
女先輩「僕くん…
自分の人生は自分で勝ち取るのよ!
戦って勝ちなさい!
 
 
 
僕「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
 
 
 
*:..。?*゜¨゜゜・*:..。?*゜¨゜゜・*:..。?*゜¨゜・*:..。
 
 
 
 
僕はどうなってしまうのか!
 
 
 
夏だからといって
頭がおかしくなったわけではない!
 
 
続く(^ω^)
 
 
 
 
かえで